アミノ酸

トップページへ戻る> 栄養素の知識

アミノ酸とは

構成

タンパク質の構成成分となるのは、20種類。
グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、スレオニン、  アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、グルタミン、リジン、アルギニン、  システィン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、ヒスチジン、  トリプトファン、プロリン。

働き

体内においてそれぞれ重要な働きのほか、アミノ酸自体が必要に応じて、  エネルギー源になる場合もある。  特定のアミノ酸を取りすぎると、免疫力の低下や肝機能障害を招くといわれている。

必須アミノ酸

アミノ酸のうち、体内で合成できない9種類のこと。  食事からとる必要がある。  1つでも不足すると、タンパク質として、価値がさがる。

制限アミノ酸

タンパク質の質を評価する指標。(アミノ酸スコア)  理想のアミノ酸組成に対し、それぞれの食品の必須アミノ酸充足度を  表したもの。  100以下のものを制限アミノ酸という。  もっとも低いものを第1制限アミノ酸という。

 
種類 働き 多く含む食品
必須アミノ酸 イソリシン 成長促進、神経機能や肝機能を高める、筋力強化 子牛肉、鶏肉、サケ、牛乳、プロセスチーズ
ロイシン 肝機能を高める、筋力強化 牛肉、レバー、ハム、牛乳、プロセスチーズ
リジン 体組織の修復に関与、ブドウ糖の代謝の促進 魚介類、肉類、レバー、卵、牛乳、大豆製品
メチオニン 抑うつ症状を改善、ヒスタミンの血中濃度を下げる 牛乳、牛肉、羊肉、レバー、全粉小麦
フェリルアラニン 沈静作用、抗うつ効果 肉類、魚介類、卵、大豆製品、チーズ、アーモンド、落花生
スレオニン 脂肪肝を予防、成長促進 卵、七面鳥、スキムミルク、ゼラチン
トリプトファン 精神安定、鎮痛・催眠効果、抑うつ症状を緩和 牛乳、チーズ、大豆製品、種実、バナナ
バリン 成長促進、筋肉、肝機能を高める 子牛肉、レバー、
プロセスチーズ
ヒスチジン 子供の成長に必須、神経機能をサポート 子牛肉、鶏肉、ハム、チェダーチーズ
アルギニン 免疫力を高める、筋肉を強化、子供にとっては必須アミノ酸 子牛肉、鶏肉、牛乳、エビ、大豆、種実、玄米、全粒粉
アスパラギン酸 新陳代謝を高め、疲労を回復、スタミナを増強 豆類、大豆もやし、アスパラガス、肉類