糖質

トップページへ戻る> 栄養素の知識

糖質とは

ごはんなどの穀類に多く含まれ、おもにエネルギー源として 利用される重要な栄養素(いも類、砂糖、果物)
1gで4キロカロリーのエネルギー源となる。
炭素、水素、酸素で構成される有機化合物。

炭水化物=糖質+食物繊維

働き

食べ物からとった糖質の多くは、消化吸収された後、 最終的にブドウ糖に分解され、血液を通して各細胞に 運ばれ、エネルギー源として利用。
糖タンパク質、糖資質、核酸などの成分として重要。

注意点

過剰なブドウ糖は脂肪質に合成されて脂肪組織に運ばれ 体脂肪として蓄えられるため、肥満症になる。
砂糖や果物に多い果糖は、大量にとると、肝臓に蓄積されたり 高中性脂肪血症、高尿酸血症を起こす。
ショ糖(砂糖の主成分)は虫歯の原因、口内のミュータンス菌により 粘液性物質がつくられ、菌が増え、歯を溶かす有機酸が産出される。

不足

人体を構成する体タンパク質や体脂肪がエネルギー源として充当される。 分解は筋肉を減少、体脂肪の場合、ケトン血症(血中にケトン体が増加) を招く。

摂取

糖質がエネルギーに変わるときにビタミンB1が必要になる。

種類