保険機能食品制度

トップページへ戻る

保険機能食品制度とは

    2001年、厚生労働省が設ける。  
  1. 保険機能食品と、一般食品のわかれる。
  2.  
  3. 保険機能食品は、特定保険用食品と栄養機能食品のわかれる。
  4.  
  5. 栄養補助食品は、一般食品である。

栄養機能食品

1日に必要な栄養素が不足した場合の、栄養素の補給を目的とした食品。  栄養成分で、認められたものが、含まれていれば、栄養機能食品と表示できる。  ビタミン(ビタミンKは除く)とミネラルの14種類が認められている。

特定保険用食品

(審査、許可がいる)認定マークがついている。

食品に含まれている成分が、実験によって、人間の健康維持に役立つことが  証明され、具体的に人体に機能する食品。

分類 名称表示等 許可等
保険機能食品 特定保険用食品
(個別許可方)
栄養成分表示
保険用途の表示
注意喚起表示
臨床データを添付し
各食品ごとに厚生労働省
の審査を得て許可を
とらなければならない。
栄養機能食品
(規格許可方)
栄養成分表示
栄養機能表示
注意喚起表示
定められた基準・規格を
満たしていれば審査なし。
一般食品 一般食品
栄養補助食品< 健康食品
栄養成分含有表示 なし。

特定保健用食品に表示許可された分野

期待される作用 成分 備考
おなかの調子を
整える食品
オリゴ糖、食物繊維等、
乳酸菌類を含む食品
健康な便を排泄させ、おなかの中の環境を整える食品。
コレステロールが
高めの方の食品
大豆タンパク質、キトサン、
低分子アルギン酸ナトリウム、
リン脂質結合大豆ペプチド、
サイリウム種皮由来の食物繊維の
5つ。
摂りすぎたコレステロールの上昇を抑え、生活習慣病の予防
血圧が高めの方の食品 杜仲葉配糖体、ラクトトリペプチド、
かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド、
カゼインドデカペプチドの5種類。
血圧の上昇を抑え、生活習慣病を予防する食品。
ミネラルの吸収
を助ける食品
クエン酸リンゴカルシウム、ヘム鉄、
カゼインホスホペプチド、フラクトオリゴ糖。
ミネラルの成分を効率的に取れる食品。
虫歯の原因に
なりにくい食品
パラチノース、マルチトース、エリスリトール、
還元パラチノース、茶ポリフェノール。
虫歯菌になりにくい食品、虫歯菌の繁殖を抑える食品。
血糖値が高めの
方の食品
難消化性デキストリン、グァバ葉ポリフェノール、
小麦アルブミン、Lーアラビノース、豆鼓エキス。
血糖値の吸収をゆるやくにする食品。
体に脂肪が
つきにくい食品
ジアグリセロール、植物性ステロール、
グロビンタンパク分解物。
血中中性脂肪の上昇をおだやかにし、体に脂肪をつきにくく、
コレステロールの吸収を抑制する作用のある食品。