核酸(DNA.RNA)

トップページへ戻る> サプリメント、あ行、か行

核酸(DNA.RNA)とは

細胞の分裂と生成を担う成分で、DNA(デオキシリボ酸)は遺伝情報をもち、 RNA(リボ核酸)は、遺伝情報に従ってタンパク質を作る。
核酸は肝臓で作られる(デノポ合成)か、食物中の核酸を利用して合成される (サルページ合成)形で補われるが、年齢とともにデノポ合成が衰えてくる。

働き

皮膚や毛髪、生殖器官の新陳代謝をスムーズに行う。 核酸の成分の中のアデノシンは、肩こりやひえ症の改善の効果。
免疫機能の向上にも効果。
ガン細胞は、主に、体内のデノポ合成を栄養にするので、 食事から、摂るサルページ合成を摂るのが、必要。

摂取

1日あたり、2〜2.5gであるが、食事で取れるのは、1g程度であるため、 残りはサプリメントで摂ってもいい。

尿酸値の高い人は注意。 核酸の構成成分には、プリン体があり、これが、代謝されて、尿酸になる。

関連症状

肩こり
動脈硬化
美容
疲労回復