カロテノイド

トップページへ戻る> サプリメント(あ行、か行)

カロテノイドとは

動植物に含まれる黄色や赤色の色素成分のうち、 脂溶性でβカロテンに似た構造をもつものを カロテノイドという。

600種類以上あり、抗酸化作用をもっている。 リコピンなどの以外の約50種類は体内でビタミンAに変わる プロビタミンAと呼ばれる。

カロテノイドの種類

  1. αカロテン
    ニンジンなど赤黄色野菜に含まれる。   βカロテンより強い抗酸化作用。
  2. βカロテン
    カロテンんp中でもっとも、多く存在。   小腸の粘膜でビタミンAに転換されて吸収され、   一部がβカロテンのまま脂肪組織に貯蔵。   ニンジンなどに、多く含まれる。
  3. リコピン
    トマトに多く含まれる赤い色素。   抗酸化作用、ガン細胞の増殖を抑えるといわれる。
  4. アスタキサンチン
    サケやエビなどの赤色の魚類に含まれる。   抗酸化作用はβカロテンの数十倍といわれ、シミやシワの   老化現象を抑える。
  5. ルテイン、ゼアキサンチン
    緑色野菜に含まれ(ケール、ブロッコリー、ホウレン草)、   網膜の黄班部に存在し、紫外線による酸化を防ぎ、   黄班変性症という目の病気に効果。

予防

動脈硬化
美肌
目の健康
シミ、シワ
ガンの予防