カルニチン

トップページへ戻る> サプリメント(あ行、か行)

カルニチンとは

普段は、食べている食物の中に含まれ、 リジンとメチオニンというアミノ酸をもとに肝臓や腎臓で 合成される。 脂質のエネルギー代謝にお不可欠。 働きは、肩甲骨、首、脇の下などにある褐色脂肪細胞を活性化、 リパーゼという酵素をつくって脂肪を分解し、エネルギーになりやすい 遊離脂肪酸を作る。

働き

  1. 脂肪を分解するには、褐色脂肪細胞のリパーゼが不可欠、   成人になるころには、減少、これを活性化するのが「カルニチン」。
  2. 遊離脂肪酸を筋肉細胞内のミトコンドリアに運ぶ。   脂肪燃焼に必要。
  3. 抗酸化作用があり、中性脂肪、LDLコレステロールの低下、肝臓   心臓に脂肪の蓄積を予防。
  4. 年ととともに、カルニチンの減少が肥満や疲労の原因と考えられる。

摂取

ラムやマトンに多く含まれる。

注意

遊離脂肪酸は、使わないともとの脂肪に戻る。

関連症状

肥満


カルニチン 30日分(パウチ入)
ダイエットに燃えろ!
¥1,932 (税込) 商品番号:2334