コンドロイチン

トップページへ戻る> サプリメント(あ行、か行)

コンドロイチンとは

語源は「軟骨の元」という意味の」ギリシャ後である。 動物の細胞、繊維、臓器など結び付け、保護、栄養補給の役目を 果たしている結合組織の主要成分の一つのムコ多糖体、 それを構成する成分の一つ。

ムコ多糖体はネバネバした粘着質であるために膠質とよばれる。 老化はこの膠質の老化、水分と結合する力の低下によるものいわれている。 加齢とともに水分量が減少し、体内でコンドロイチンが分解され保水力が 失われて老化が始まる。

働き

  1. 関節の痛みや代謝を正常化作用
  2. コレステロールと過酸化資質を除去
  3. 動脈硬化防止、骨折の回復や骨の成長の促進

摂取

  1. グルコサミンとの併用が効果的
  2. 食事では、摂取しにくいため、サプリメントで、摂るのが近道。

関連症状

片頭痛 関節の痛み
脱毛症
神経痛
リウマチ
新陳代謝の促進


コンドロイチン 30日分(パウチ入)
天然コンドロイチンでスムーズ生活
¥1,260 (税込) 商品番号:2425