紅茶

トップページへ戻る> サプリメント、あ行、か行

紅茶とは

茶には、茶葉を全く発酵させない緑茶、発酵途中で酵素活性を止めるウーロン茶、 十分発酵させた紅茶に分類される。

成分、働き

カテキン(ポリフェノール)が多く、含まれているが、紅茶は発酵過程で、 カテキンが酵素によって酸化し、テアフラビンに変化し、強い抗酸化作用を持つ。 活性酸素による生活習慣病、老化の抑制、美容に効果がある。

その他

うがいをすることによって、テアフラビンは、ウイルスの感染力を失わせる。 ただ、予防効果であって、感染したあとでは、効かない。 抗菌効果もあり、洗うと、水虫、タムシに効くとされる。

ミルクは、紅茶の抗酸化力、抗菌を減少させる。 ミルクティーは、栄養面からは、お勧めできない。

関連症状

動脈硬化
心臓病
風邪、インフルエンザ