共和リノール酸(CLA)

トップページへ戻る> サプリメント、あ行、か行

共和リノール酸(CLA)とは

肥満防止効果がある。 不飽和脂肪酸の一種であり、リノール酸からつくられるが、 構造が違い異性化リノール酸ともいわれる。 ひまわりの種子に天然のものが発見されたが牛肉や乳製品にも含まれる。

牛や羊の胃に反芻胃というものがあり、この中に棲む微生物がリノール酸を含む 飼料を食べた牛や羊の胃で共和リノール酸に変化させる。

働き

脂肪は体内で消化、吸収され、リボタンパクリパーゼという酵素によってたくわえられる。 この脂肪は、ホルモン感受性リパーゼによって、分解され。エネルギーとして使われる。 共和リノール酸は、このホルモン感受性リパーゼを活性化させる。

コレステロールや中性脂肪を減少させ、血流を改善し、坑酸化作用もある。

摂取

運動前にサプリメントとして摂るのが効果的。

関連症状

肥満防止
ダイエット
坑アレルギー
坑酸化作用