ウコン

トップページへ戻る> サプリメント(あ行、か行)

ウコンとは

ターメリックと呼ばれ、カレーでおなじみのカレーの香辛料。
インド原産のショウガ科の植物。
日本でも沖縄特産の「肝臓の薬」とされてきた。

効能

抗酸化作用のよる生活習慣病の予防。
肝機能保護作用。

メカニズム

ウコンの有効成分は、クルクミンという黄色の色素と精油(エッセンシャル)成分。
クルクミンには抗酸化作用があり、ガンなどの生活習慣病の予防効果があるとされている。
ウコンの成分クルクミンは消化管でテトラヒドロクルクミンという、物質に変化し、生活習慣病に役立つ。
精油成分には、抗菌作用がある。

摂取方法

特に決まった摂取量はない。
継続利用が必要。

関連症状

酒量が多い
胃腸虚弱
肝機能向上
ガン予防
動脈硬化


濃縮ウコン 30日分(パウチ入)
お酒をよく飲まれる方に
¥903 (税込) 商品番号:2227