マリアアザミ(オオアザミ)

トップページへ戻る> サプリメント(ま行、や行、ら行)

マリアアザミ(オオアザミ)とは

キク科の植物で、肝臓や胆のうに効くとされる。

成分
シルマリンというフラボノイド混合物で、シルビン、シリジアニン、シルクリスチン を含む。

働き

肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、の肝機能改善、 抗酸化作用、利尿効果などがある。 シルマリンが細胞膜の過酸化脂質の発生を抑え、肝機能の改善する。 抗酸化物質のグルタチオンの生成を促し、生活習慣病に効果。 メディカル・ハーブとして、注目が大きい。

摂取量

1日、200〜400mgを3回に分けてとる。

関連症状

酒量過多
肝硬変、肝炎
アルコール性肝障害
利尿
動脈硬化
ガン予防