メグスリノキ

トップページへ戻る> サプリメント(ま行、や行、ら行)

メグスリノキとは

日本特産のカエデ科の落葉樹。 江戸時代に樹皮を煎じて点眼液や洗顔液として用いたことに由来する 名前である。

成分
樹皮(αーアミリン、βーシステロール、ロドデンドロン、カテキン) 木部(スコポレチン、エピロートデンドリン、) 葉 (βーアミリン、クエルセチン) これらには、薬効成分がある。

働き

樹皮の煎じ液は、かすみ目、やに目、老眼、仮性近視、結膜炎に効果があるとされる。 今後、肝機能、動脈硬化改善などにも効果期待されており、 解明は、されてくると思う。

関連症状

かすみ目、やに目
結膜炎
花粉症のなみだ目
緑内障の眼圧低下
肝機能障害 動脈硬化