免疫ミルク

トップページへ戻る> サプリメント(ま行、や行、ら行)

免疫ミルクとは

人が感染しやすい26種類の悪玉細菌を、無害化し、ワクチンとして 乳牛に注射し、牛の体内で抗原抗体反応が起き、人にたいして、 有効な抗体が生産され、その成分を含んだ牛乳を粉ミルクにしたもの。 タンパク質、カルシウム、ラクトフェリン、IgG抗体が含まれる。

26種類の中には、食中毒、ブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌、などが 含まれる。

働き

ラクトフェリンは、免疫機能を高め、IgG抗体は、細菌の侵入を防ぎ、 体内にはいった悪玉細菌と結合し、対外に排出する働きがある。
慢性リウマチ、アレルギー性ぜんそく、鼻炎、コレステロールの低下、 血圧の上昇を抑えるといった作用も期待されるようになってきている。

摂取方法

粉ミルク、錠剤、顆粒タイプがあるが、最初は、下痢になりやすいので、 少なく摂る。

関連症状

血圧を下げる
高コレステロール
便秘
抗炎症作用
アレルギー症状の改善