ムコ多糖類

トップページへ戻る> サプリメント、ま行、や行、ら行

ムコ多糖類とは

ゾルーゲル状の物質で、人間の皮膚、腱、内臓、角膜などに存在し、 細胞と細胞をつないでいる。保水性があり、肌の健康、間接のクッション、 血液凝固の抑制、コレステロール値の低下など効果がある。

コンドロイチン酸

脊髄、間接、軟骨、骨、人体、皮膚、角膜、水晶体などに存在する。 年齢とともに不足するため、サプリメントでとるのが理想。 1日あたり、400mg。 関節痛や腰痛には、グルコサミンと併用が効果。

ヒアルロン酸

コンドロイチン酸と同じような働き。 細胞の結合に効果。 ビタミン類と摂るのが理想。

デルマタン硫酸

真皮内部と表皮に存在し、皮膚密度を高め、紫外線から、肌を守る。 保水力にも優れている。

摂取

ウナギ、豚足、魚のヒレ、アンコウに含まれる。 サプリメントの原料には、サメの軟骨が使用される。 コラーゲンと摂ると効果的。

関連症状

関節の痛み
シワ、タルミ