レシチン

トップページへ戻る> サプリメント、ま行、や行、ら行

レシチンとは

リン脂質の一種でホスファチジルコリンとも呼ばれる。 細胞膜などの生体膜を形成する成分である。 脳、神経、細胞間の情報伝達物質として機能、肝臓の代謝活動にも かかわっている。

働き

リン酸、グリセリン、脂肪酸、コリンで構成され、リン酸とコリンは、 水に溶け、脂肪酸、グリセリンは脂肪の分子と結びつく。
この性質から、溶け合わない水と油をレシチンによって、混ぜ合わされ、 動脈硬化の予防や脂肪の代謝を活発にし、高血圧を予防する。

レシチンは脳に多く存在し、脳の栄養を与え 情報伝達物質として、記憶力の衰えや痴呆の予防に役立つと考えられる。

ビタミンA,Eなどの脂溶性の物質の吸収を高める。

摂取

大豆や卵黄に含まれる。 サプリメントとしても利用できる。

関連症状

高血圧
動脈硬化
脳の老化防止
肥満の予防、改善