ローヤルゼリー

トップページへ戻る> サプリメント(ま行、や行、ら行)

ローヤルゼリーとは

ミツバチの女王バチのエサとして、働きバチが体内で合成するもの。 ハチミツに比べ必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸類が豊富に 含まれている。(40種類以上の栄養素をもつといわれている) 含まれているアミノ酸は、良質なタンパク質を構成し、 脂肪酸などの成分も含んでいる。

働き

アミノ酸のリジンは成長促進と機能促進に作用し、 メチオニンは解毒作用や肝臓の脂肪沈着を防ぎ、肝臓機能を促進。 バリンは体力を回復し、健康維持に役立つ。

その他に含まれている成分で、 パントテン酸は、善玉コレステロールを増やし、免疫力を向上し、 アセチルコリンは、脳の活性化や血圧調整作用があり、 イノシトールは脂肪肝、肝硬変などの予防がある。

ローヤルゼリーにのみ含まれる特殊栄養素がある。

  1. デセン酸 自律神経失調症、更年期障害に有効とされる成分であり、 皮脂分泌の促進、ガン細胞の増殖を抑制する成分として、注目されている。
  2. 類パロチンは、筋肉、内臓、骨、血管など体の組織の老化を防ぐ。
  3. R物質は、まだ、解明されていない。

摂取

少量で効果があるので、一度に多量の摂取は必要ない。 ハチミツとうは、一緒にとらない。 ハチミツの糖分はビタミンB1を消耗させるので、ロヤルゼリー作用しにくくなる。

関連症状

更年期障害
脳の老化防止
ガンの予防
慢性前立腺炎
自律神経失調症
免疫力の活性化
乳幼児の発育促進