ルテイン

トップページへ戻る> サプリメント(ま行、や行、ら行)

ルテインとは

赤、黄色などの色素成分のカロテノイドの一種。 緑黄色野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに 必要な色素。黄班部に存在し、黄班の健康を保つ。 (黄班部は目の網膜の中心にあり、光を感じる細胞がある。  この黄班部がむくんだり、出血したりして沈殿物がたまる  状態を黄班変性症よいう。詳しい原因はわかっていないが、  活性酸素が原因とされている。)

ルテインは、光の中で、有害とされる青色光を吸収して、 抗酸化作用で黄班部の酸化を防ぐ。

白内障、大腸ガン、皮膚ガン、子宮ガンも予防するとされている。

摂取

ホウレン草、ケール、ブロッコリー、芽キャベツなどに含まれる