フェヌグリーク(コロハ)

トップページへ戻る> サプリメント、な行、は行

フェヌグリーク(コロハ)とは

中近東、アフリカ、インドで栽培されている豆科のハーブ。 カレーなどの香辛料に使われ、インドの調味料、チャツネの原材料。

成分、働き

ガラクトマンナンという物質が含まれ、血糖値があがるのを防ぐ。 まだ、解明されていないが、ブドウ糖を腸から吸収するのを防ぐ作用があると される。 結果、インスリンの分泌を抑え、脂肪合成を抑制し、肥満防止に効果があろとされる。

サポニンも含まれ、水や油に、両方、溶ける性質があり、血管内のコレステロール、 中性脂肪を低下させる。

摂取

サプリメントで摂る。食品では、でていない。

関連症状

糖尿病の予防
ダイエット
高コレステロール