ヒアルロン酸

トップページへ戻る> サプリメント(な行、は行)

ヒアルロン酸とは

人間の細胞は、細胞と細胞の間を埋めているムコ多糖と呼ばれる 物質によって守られている。 ヒアルロン酸はムコ多糖の一種で粘り気があり、保水量は ヒアルロン酸自身の重量の約6000倍ある。

動物性食品に豊富に含まれるが、肉ではなく皮や骨、間接といった 部分に含まれる。 ただ、保有量は減り続ける。

効用

  1. 細胞組織の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤、創傷治療などの働きをする。 関節をなめらかにする。
  2. 眼球は、ムコ多糖が水和した溶液に浮かんでいるので、摂取することで 眼がよく見えるようになり、眼の透明度が保持される。
  3. 血液の保水力を調節して、血液が固まりやすくなる動脈硬化の予防が望める。
  4. 体内の細胞を活性化し、必要な場所に運ぶ働きで、活性酸素の除去や 細胞の劣化に役立つ。
  5. 若返り予防、摂取しつづけると、コラーゲンが変質することなく、 シミやしわの予防ができ、弾力性のある肌を維持できる。
  6. 生理通や更年期障害の改善作用も期待。

普段、食べにくい部分なので、加工されたサプリメントで摂取が効果的。

関連症状

関節炎
シミ・しわ予防