日本山ニンジン

トップページへ戻る> サプリメント、な行、は行

日本山ニンジンとは

成分

クマリン化合物、インプテリキシン、アノマリンなど。 クマリンは血液循環をよくする。

働きインスリンの分泌を増やし、糖尿病の症状改善。 アンジオ変換酵素という、アンジオテンシンTから、アンジオテンシンUという 血管を縮める物質をつくる酵素を阻害して、血圧上昇を抑える。

アドレナリンの作用して、血管の収縮を抑え、血糖値の上昇を抑制してりして、 肩こり、冷えを緩和する。

NK細胞を活性化し、免疫機能を強化したり、抗アレルギー作用、抗ガン作用、 肌荒れの予防、肝臓への脂肪の蓄積を抑えたりする。

摂取

サプリメントとして利用。

関連症状

糖尿病
肝機能低下
動脈硬化
高血圧
アレルギー症状