ペプチド類

トップページへ戻る> サプリメント、な行、は行

ペプチド類とは

体内にはいったタンパク質はそのままでは吸収されにくいので、 消化管内で、アミノ酸に分解される。 その過程でできるアミノ酸の結合体がペプチドである。
2個結合したものが、ジペプチド、3個がトリペプチド、 数十個は、ポリペプチドという。

ペプチドは、消化吸収が早く、栄養素がスムーズに摂りいれられる。 タンパク質の種類によって、できるペプチドの種類も違い、作用も違う。

ラクトペプチド

アミノ酸が3個結合しているペプチドである。 VPP(バリン、プロリン、プロリンの結合) IPP(イソロイシン、プロリン、プロリンの結合)の2種類がある。 乳タンパク質の主成分のカゼインの中にあり、酵素の働きで、分解 されてできる。
血圧を抑える働きがある。
これは、血圧が下がったとき、腎臓に流れる血液が減り、レニンという物質が つくられる。レニンは血液中のアンジオテンシノーゲンに、働きかけ、 アンジオテンシノーゲンTという物質をつくり、それから、アンジオテンシノーゲンU がつくられ、これが、血管を縮める。このペプチドは、この酵素に働きを阻害し、 アンジオテンシノーゲンUをつくらないようにして、血圧をあげないようにする。

その他、他のペプチドにも同じような作用がある。

摂取

1日あたり、3.4gが目安(ラクトペプチド) 高血圧の治療をしている人は、注意。

関連症状

高血圧