ポリフェノール

トップページへ戻る> サプリメント、な行、は行

ポリフェノールとは

ポリとは、たくさん、という意味で、フェノールはベンゼン環についた 水酸基(OH)のことで、複数のフェノール性水酸基をもつ化合物。 4000種類以上、ある。

働き

抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、ガンの予防や老化防止の効果がある。 血中のLDLコレステロールの酸化を防ぎ、高脂血症の予防になる。 ビタミン類と摂ると効果的。

アントシアニン

赤ワインに含まれる成分、赤ワインには、他にタンニン、カテキンを含む。

カカオマスポリフェノール

ココアやチョコレートに含まれる。 胃潰瘍にも効果があるといわれる。

ウーロン茶ポリフェノール

発酵の過程で、生まれ、中性脂肪の燃焼やエネルギー消費、血中の コレステロールを抑制する効果がある。

クロロゲン酸

じゃがいもの皮やさつまいもの皮、コーヒーに含まれる、ガン予防に効果的。

その他のポリフェノール

イソフラボン、サポニン、カテキン、タンニン、ルチンなどがある。

関連症状

動脈硬化
脳血栓の予防
高コレステロール値
高脂血症
ガンの予防