サラシア・オブランガ

トップページへ戻る> サプリメント、さ行、た行

サラシア・オブランガとは

インド、スリランカなど亜熱帯地域に自生するニシシギ科のつる性の植物。 サラシノールという成分が含まれ、これが、血糖血の上昇を防ぐ効果がある。

血糖血の上昇

糖質を摂ると、アミラーゼ、αーグルコシターゼという酵素でブドウ糖に 分解され、小腸で吸収、血液中に流れる。
血液中のブドウ糖が増えると、膵臓からインスリンが分泌、ブドウ糖を細胞へ とりこんだり、体脂肪として蓄積する。
糖分を摂りすぎると脂肪が増え、肥満になる、また、 インスリンが過剰な分泌状態が続くと、インスリンの働きが弱くなり、 糖尿病を引き起こす。

働き

サラシノールには、αーグルコシターゼの働きを阻害し、ブドウ糖の生成を抑える。 ブドウ糖に分解されなければ、吸収されず、血糖血もあがらない。 インスリン分泌も抑えられ、体脂肪としても蓄えられない。 糖尿病予防、ダイエット効果がある。

摂取

サラシア茶を飲むのが、効果的。 早食い、空腹時間が長いと、血糖血があがってしまうので注意。

関連症状

糖尿病の予防
ダイエット