ササ(クマザサ)

トップページへ戻る> さ行、た行

ササ(クマザサ)とは

温帯から亜熱帯に生息する笹の一種。 外用薬としても、用いられてきた。 皮膚病、切り傷、口内炎、イボ、ウオの目、痔などの患部に塗ると 効果があるとされている。

成分

鉄、カルシウム、ビタミンC,K,B1,B2、クロロフィル、パンフォリン(多糖類)、 リグニン(食物繊維)が含まれる。

クロロフィルは、コレステロールを下げ、血栓を防ぎ、血圧を下げ、 貧血、細胞の強化、解毒、整腸、抗ガンなどに効用がある。

パンフォリンは、防腐作用で免疫力を高める。

リグニンは、抗ガン作用。

ビタミンKは、血液を固める物質プロトロンビンを増やし、止血作用および、 骨からのカルシウム溶出を防ぎ、骨粗鬆症の予防に効果的。

注意

血液凝固剤を使用している人は、注意。

摂取

乾燥した葉を、健康茶として飲んだり、粉末、顆粒を飲用する。

関連症状

疲労回復
胃腸虚弱
骨粗鬆症の予防
高血圧
ガン予防