シジミ

トップページへ戻る> サプリメント(さ行、た行)

シジミとは

中国の古典や江戸時代の文献に、黄疸の治療薬として使われていたと 記述が残されている。

肝機能に働く成分

アドノシン、タウリン、メチオニン、シスチン これらは、腸内で脂肪を分解するときに必要な胆汁の流れを スムーズにする。 胆汁の通り道、胆管がつまると胆汁が血液の流れ出し、黄疸が現れる。

働き

アドノシンが胆汁の分泌を促進、 タウリン、メチオニン、シスチンが胆管の滞りを除き、肝臓を強化する。胆汁の 分泌を促して、胆石を押し流す。 ビタミンBも豊富に含まれ、貧血、血液循環に有効。

イノシトール(ビタミン様物質) 肝臓に脂肪が定着するのを防ぐ。

食用
ビタミンなどの成分は、水溶性のため、煮汁を飲む。

関連症状

二日酔い
アルコール性肝障害
貧血
胆石
肝機能の予防