食物ステロール

トップページへ戻る> サプリメント(さ行、た行)

食物ステロールとは

果物、野菜、植物油、ナッツ、穀物に含まれる成分。 スチグマステロール、ベータシトステロール、カンペステロールなどがある。

働き

食物ステロールには、食物に含まれるコレステロールを体内に吸収されにくく する。

食べ物に含まれるコレステロールは、胆汁酸と結合して、小腸で吸収されるが 食物コレステロールを摂っておくとコレステロールの代わりに胆汁酸と結びつく。 吸収されなかったコレステロールは便となって排出される。 結果、悪玉コレステロールが低下する。

ベータシストステロールには、免疫機能を高める力があり、ナチュラルキラー細胞 に働きかけ細菌に感染した細胞を死滅させる。 ガン細胞の進行を抑制する効果が期待できる。

摂取

定期的に食べないと、効果は期待できない。 効果も、あらわれるまでに、時間がかかる。 摂らなくなると、すぐに、元にもどってしまう。

ゴマ、落花生、大豆に多く含まれる コーン油、ひまわり油、マーガリンなど。

関連症状

コレステロール低下
ガン予防
免疫力低下