トウガラシ(カプサイシン)

トップページへ戻る> サプリメント、さ行、た行

トウガラシ(カプサイシン)とは

トウガラシの種子やめしべの一部に含まれる辛味成分で、体内に入ると、 副腎皮質に働きかけ、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのホルモンを 分泌させる。

これが、エネルギー代謝を活発にし、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンの分解を 促進し、体内の脂肪を燃焼させる。 皮膚の温度が上がるため、血行がよくなり、肩こり、冷え性、血圧の上昇を 抑える。

殺菌作用が強く、食品を保存するときにも使用される。

関連症状

ダイエット
食欲不振
冷え性
肩こり
疲労回復
糖尿病の改善