胃の痛み

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

胃の痛み

胃の内部は、粘膜で粘液を出して、胃酸から守っている。 胃液はPH2という強い酸でできている。

胃炎
胃酸が強くなりすぎたり、粘液がうまく分泌されず、胃粘膜があれた状態。

胃潰瘍
胃炎が進んだ状態。
ピロリ菌の繁殖。

胃酸の分泌を促す原因ー暴飲暴食、刺激物、アルコール。
胃酸の粘液の低下ーストレス、タバコ。

胃が痛む箇所によって別の臓器の疾患も疑われる

  1. 中央部ー食後の場合、胃
  2. やや右よりー食前、十二指腸
  3. やや右よりー食後、胆のう
  4. やや左よりー食後、膵臓

予防

牛乳や乳製品は、胃の粘膜を保護。 アロエには、抗潰瘍作用がある。 胃の粘膜を保護し、潰瘍を修復する働きはビタミンA、 胃の内部を傷つける物質の分泌を抑える作用は、亜鉛。 ストレス、胃の痛みを消すのは、ビタミンC。 胃酸が強すぎる場合、中和させるのは、マグネシウム。

関連ササプリメント

ビタミンA、C
亜鉛
マグネシウム
亜鉛
アロエ
乳製品