肩こり

トップページへ戻る> 症状別サプリメント

肩こりとは

肩の筋肉がいつも緊張した状態になり、こわばってしまう。 これを肩こりという。 筋肉が緊張した状態が続き、血行が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまってしまう。 過度の運動にも、疲労物質がたまり、肩こりを起こす。

その他
寝違いによる頚椎や胸椎のずれによる痛み。 内臓の病気、血圧の異常、ストレスによる起こる場合もある。

筋肉の緊張や過度の運動による肩こりは心配はないが、 胆のう炎、胆石症。
みぞおちや肋骨の下から背中、右肩に痛みがあったり、 背中や肩甲骨の下が圧迫されるような痛みは、可能性がある。

狭心症、心筋梗塞
胸が締め付けられような痛みが左肩や左腕まで伝わる場合、可能性がある。

頸部椎間板ヘルニア
首をそらしたり、回したりしたときに痛みが肩や胸まで走る場合。

変形性頸椎症
首の後ろから背中にかけて、こりがあり、手足のしびれ潤がある場合。

予防

血行が悪くならないようにする。 運動のあとは、筋肉を休ませる。 ビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変換するときに必要、不足すると 疲労物質がたまる。 同じ作用で、クエン酸がある。 血行をよくするには、ビタミンE、イチョウ葉エキス

関連サプリメント

ビタミンB1、E
イチョウは葉エキス
クエン酸
梅エキス