眠れない

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

眠れない

睡眠

体が活動しているときは交感神経が働き、睡眠にはいると、副交感神経が働く。 眠れないというのは、この神経の切り替えがうまくいっていないということです。
ただ、精神生理性不眠といわれるものがあり、思いこんでいるだけのものもある。 眠れないと感じても、強い疲労感がなけれな、心配ないが、疲労がたまる場合は、 問題がある場合がある。

寝つきが悪いのに、朝早く、目がさめる。 夜中に、何度も目がさめて、体に異常がある。 こういった場合が、疲労以外の、何かある可能性がある。

予防

イライラやストレス解消には、ビタミンB6、マグネシウム(神経安定) 睡眠、覚醒のリズムを整える、ビタミンB12
精神や神経を沈めるには、ハーブを。眠りを助けるために、バレリアン。といったものが 役に立つ。
眠りと目覚めをコントロールするのは、メラトニンというホルモンであるが、 中年以降になるお、このメラトニンが不足する。これを、補給すればいいのだが、 40歳までは、摂取すると、免疫系に影響が出るということである。

関連サプリメント

ビタミンB6、B12
マグネシウム
バエシアン
メラトニン