脳卒中(卒中とは突然起こるという意味)

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

脳卒中(卒中とは突然起こるという意味)とは

脳細胞が壊死し、脳機能の低下やさまざまな神経障害を起こす病気。 高血圧、糖尿病、高脂血症、不整脈なども発症しやすい。

種類

(1)、脳梗塞

動脈の中に血栓(凝血塊)が詰まって、脳への流れが悪くなる。

原因

  1. 脳血栓
    脳動脈の動脈硬化が進行して血管の内腔が狭くなり、血管壁に付着していた 脂肪や血栓がはがれて、血流の流れを遮る。
  2. 脳塞栓(のうそくせん)
    脳動脈以外にできた脂肪や血栓が血液に運ばれ、脳動脈をつまらせてしまう。 顔面マヒなどの症状が現れる。

(2)脳出血

動脈が破れて出血する。

原因

脳動脈硬化
脳血管に高い圧力がかかり、出血が起こる。 突然、気分が悪くなって激しい嘔吐や吐き気、顔面マヒなどが起こる。

予防

動脈硬化の原因となる血中コレステロールや中性脂肪、過酸化脂質を防ぐ。 キノコ類には、コレステロールの除去。
イチョウ葉エキスは、血管を拡張。
EPA,DHAは中性脂肪を減らし、血小板の凝集を抑制。
ビタミンE、βカロテンは血管の老化を防ぐ。

関連サプリメント

イチョウ葉
EPA,DHA
ビタミンE
アガリスク
霊芝