酒を飲む

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

酒を飲む

メカニズム

アルコールは、胃や腸で吸収されて肝臓に送られる、 肝臓は酵素んも働きでアルコールをアセトアルデヒドに、 さらに酢酸に分解、最終的に炭酸ガスと水にして体外に排出。

飲みすぎると、分解作業が間に合わなくなり、アセトアルデヒド が全身にまわる。これが、酔いである。 アセトアルデヒドは毒性で発ガン作用があり、動脈硬化、肝臓病、 心臓病などを促進する。

予防、改善

アルコールは、抗酸化物質であるビタミンCやビタミンE、セレンなどを 破壊するので、抗酸化物質を摂取することが必要。
アルコールが代謝されるときに、ビタミンAも一緒に胆汁に排出される。 ビタミンAの補充も必要。 ビタミンBの補充によって、脳神経障害を予防。
肝臓の解毒作用を高めるには、ウコンの摂取が必要。

関連サプリメント

ビタミンA(βカロテン)
ビタミンB1
セレン
ウコン