心臓病(狭心症、心筋梗塞

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

心臓病(狭心症、心筋梗塞とは

心臓は心筋よいう筋肉でできており、その心筋に血液を供給しているのが、 冠状動脈(心臓を取り巻く血管)で、ここに動脈硬化が起こると、 狭心症や心筋梗塞を発症する。

狭心症

冠状動脈が狭くなって血液の流れが悪くなり心臓の筋肉が酸素不足になり、 胸の痛みが生じる。

心筋梗塞

冠状動脈の閉塞によって著しく血流が減り、心筋が壊死して起こる。 心不全、肺水腫、心臓マヒを併発する。

予防

動脈硬化の予防。
ニンニク、大豆、黒酢のアミノ酸はコレステロールの除去、脂質の生成を抑制。
イチョウ葉エキス(ギンコライド)は血管を拡張して、血行促進。
EPA,DHAは脂質の生成を抑制。
ビタミンEは血小板の凝集を抑制。
霊芝、高麗ニンジンは血圧を正常化。

関連サプリメント

コエンザイムQ10
ニンニクエキス
黒酢
イチョウ葉エキス
EPA,DHA
霊芝
高麗ニンジン
ビタミンE