疲れ

トップページへ戻る> 症状別サプリメントへ

疲れとは

原因

  1. 疲労物質の蓄積
    乳酸やアンモニアなどの疲労物質が体液を酸性にし、エネルギーの元となる ATP(アデノシン3リン酸)を働きにくくする。
  2. 神経系の疲労
    睡眠不足、鉄欠乏性貧血。

これ以外として、栄養不足や病気もある。 発熱、筋肉、関節の痛み、食欲不振、体重低下、などの場合、 病気で、起きるときがある。

予防

エネルギーを生み、蓄積疲労の改善は、ビタミンB群が必要。 ニンニクエキスは、ビタミンB1の効力を高め、高麗ニンジンは血行促進、胃腸機能の回復。 ストレスによる、活性酸素の増加には、ビタミンE、C、コエンザイムQ10などの抗酸化作用の あるもの。 PMS(月経前症候群)のだるさには、γリノレン酸が有効。

関連サプリメント

ビタミンB群
マグネシウム
ニンニクエキス
高麗ニンジン
コエンザイムQ10
γリノレン酸