ビタミンの代謝

トップページへ戻る> 代謝のしくみ

ビタミンの代謝とは

ビタミンは肝臓から血液を通り組織へ行き、 栄養素がエネルギーーなる手助けをしたり、体の機能を補助する。

水溶性ビタミン(消化液や血液に溶ける) ビタミンB群やビタミンCであり、小腸から吸収され肝臓に運ばれる。

ビタミンB群は酵素の手助けをする。 酵素の中には、ビタミンB群と結合することで活性化するものがある。

ビタミンCは酸化型と還元型があり、酸化型になりやすく、 この性質は他の物質を還元する力になる。 消化液に溶けない酸化型の鉄を還元して、消化液に溶けやすくし、 小腸に吸収されやすくする。

脂溶性ビタミン(A,D,E,K)

脂質とともにカイロミクロンになって肝臓に運ばれる。

ビタミンA

肝臓で脂肪酸と結合して貯蔵される。 必要に応じてタンパク質と結合して体内にお運ばれ、 細胞にとりこまれ、成長促進や粘膜維持に関与。

ビタミンD

肝臓でコレステロールからも合成される。 カルシウムの吸収を促す作用。

ビタミンE

リボタンパク質によって各組織の細胞に運ばれ、細胞膜の酸化を防ぐ。

ビタミンK

大腸で腸内細菌からも作られ、血液凝固などに関与。