吸収のしくみ

トップページへ戻る> 代謝のしくみ

吸収のしくみとは

食べ物の栄養素が消化によって最小サイズに分解され、体内に取り込まれる ことを吸収という。

空腸と回腸

  1. 小腸は3つの部分からなる。
    小腸は、十二指腸(約25cm)、空腸(その先の5分の2)、回腸(残り) の3つで構成される。 空腸と回腸で栄養素と水が吸収される。
  2. 絨毛と微絨毛の二重構造
    空腸、回腸の内壁は高さ1mmの絨毛で覆われ、その表面には、微絨毛が生えている。 微絨毛の表面積の合計は人間の体表面積の約5倍。

空腸と回腸の内壁が消化の完成場所

  1. 微絨毛にある消化酵素の役目
    ここまで消化されてきた栄養素を種類別に選び、最小サイズの栄養素にして吸収 する酵素がある。これを終末消化酵素という。
    糖質は、麦芽糖から、ブドウ糖に分解されて吸収され、 タンパク質は、アミノ酸やペプチドに分解され吸収、 脂質のうち、中性脂肪は脂肪酸とグリセロールに、分解され 他の脂質のコレステロールやリン脂質とともに吸収される。
  2. 血液やリンパ液にとけて体内へ。
    絨毛の内部には血管とリンパ管が通っている。 ブドウ糖などの単糖類やアミノ酸やペプチド、水溶性ビタミン、ミネラルは 静脈に溶けて、門脈という太い静脈を経て肝臓へ送られる。
    脂質、脂溶性ビタミンはリンパ管から静脈に入り、心臓、動脈を経て肝臓に入る。

栄養素は何故、肝臓に運ばれる

栄養素が肝臓に運ばれるのは、肝臓が栄養素を人の体に役立つように処理する所だからである。 ブドウ糖の一部はグリコーゲンに合成されて肝臓に蓄えられる。これは、血糖が下がったときに ブドウ糖を供給できるようにするためです。 アミノ酸は人の体に合うアミノ酸に作り変えられ、脂質も体に利用できるように 再合成されて血中に出される。