消化のしくみ

トップページへ戻る> 代謝のしくみ

消化のしくみとは

食物の栄養素は、口と胃、十二指腸、膵臓から分泌される消化酵素に よって分解されます。(消化)

1、食べ物が口にはいると、歯で砕いたりすりつぶしたりして消化の準備をする。 口内の味らい(味を感じる組織)が味成分を感じ、唾液が増える。 舌は、その唾液に食べ物を混ぜ、食道へ送る。

糖質の分解が始まる

唾液には、アミラーゼという消化酵素が含まれ、穀物のデンプンや魚肉の グリコーゲン(動物性デンプン)を分解。

タンパク質の分解が始まる

2、食べ物は、食道の蠕動運動によって胃に送られい、胃にたまると 胃液が出、胃の運動によって食べ物と胃液が混ざり、粥状になる。 胃液の成分は塩酸、ペプシノーゲン、粘液です。 塩酸は、食べ物を殺菌して腐敗や発酵を防ぎ、ペプシコーゲンは、塩酸の 働きで、ペプシンという消化酵素になり、タンパク質を分解し、 粘液は塩酸から、胃壁を守ります。

脂質の分解が始まる

3、胃の内容物が十二指腸に送られるとき、強酸性の胃液は粘液で中和 されるが、内容物は酸性に傾いており、その刺激で十二指腸からホルモンが 分泌され、膵臓に働きかけ膵液を出させ、胆嚢からは胆汁をださせる。 脂質はそのままでは消化液」になじみませんが、胆汁の助けで消化液と混じり 膵臓の消化するときに酵素リパーゼで分解される。

胸やけは、何故、起こる。

胃の入口の括約筋というところが緩んで胃の内容物が胃液とともに 食道へ逆流するときにおきる。 胃液には、塩酸が含まれるので、食道の内壁を刺激して 胸がやけるような感じになる。 暴飲暴食や脂っぽい食事をしたときにおきる。