食欲のしくみ

トップページへ戻る 代謝のしくみ

食欲のしくみとは

食欲は、脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢によって、 コントロールされている。

生理的に起こる食欲のしくみ

1、血糖値が低下すると食欲がわく。

血糖値は食後上昇するが、だんだん低下し、空腹時血糖値(70〜110mg/dl) になる。この血糖濃度に脳の視床下部にある摂食中枢が反応すると 空腹感が生まれ、食欲が生まれ、食欲がわく。 空腹時血糖値の約2倍になると視床下部の満腹中枢が反応して、 食欲がなくなる。

2、胃壁が縮むと食欲が湧く。

胃に食べ物がはいると、胃壁が伸びる。 その変化に副交感神経が反応して満腹中枢を刺激し、満腹感を起こす。 胃の内容物が腸へ送られると胃壁が縮む。 それに交感神経が反応して摂食中枢を刺激し、空腹感を起こすので、 食欲がわく。

感覚的に起こる食欲のしくみ

食欲は、食べ物の見た目、味、香、食感、料理を作る音、雰囲気にも、影響を受ける。 その情報が神経を介して、大脳皮質の感覚野に送られ、情報が統合される。 その結果と記憶、知識などが脳の扁桃体という部分で統合され、おいしい、まずい などの判断がされ、視床下部に伝わり、食欲が起こったり、なくなったりする。