タンパク質の代謝

トップページへ戻る> 代謝のしくみ

タンパク質の代謝とは

アミノ酸やペプチドになって吸収され、肝臓から各組織へ 送られて、体のタンパク質につくり替えられます。

胃液と膵液で段階的に分解

タンパク質は、胃液の消化酵素ペプシンでペプチド結合が切断され、 立体構造から鎖状のポリペプチドになる。 ポリペプチドが十二指腸に送られ膵液の消化酵素カルボキシペプチターゼに よってアミノ酸が3つ結合したトリペプチドになり、キモトリプシンによって アミノ酸が2つ結合したジペプチドになり、最後にトリプシンによってアミノ酸 になる。アミノ酸やペプチドの状態で小腸から吸収される。

タンパク質の分解と合成

吸収されてアミノ酸は肝臓に運ばれ、血液を経て各組織へ送られる。 組織の細胞では、筋肉やつめなどになる新しいタンパク質がアミノ酸から つくられ、同時に同量の古いタンパク質が分解されて血液に出される。 分解物の75〜80%は肝臓で新しいアミノ酸につくり替えられ血液中に 出て行く。

アミノ酸はブドウ糖にも変化

不要になったアミノ酸からは窒素化合物の有毒なアンモニアが肝臓で遊離。 無毒な尿素にされ、尿として体の外へ排泄。 窒素を除いたあとのアミノ酸はエネルギー源になったり、 ブドウ糖や脂質に変化、血糖の不足にはブドウ糖になり血糖を補う。