糖質の代謝

トップページへ戻る 代謝のしくみ

糖質の代謝とは

吸収された糖質が、体に必要なさまざまなエネルギーに 変化するプロセスのこと。

ブドウ糖の製造元は植物
ブドウ糖は、植物の光合成によって二酸化炭素と水から 太陽の光エネルギーを結合のエネルギーにして作られる。 穀類やいも類はブドウ糖をデンプンという形で実や根に蓄え、 人間はこれらを食べて自分のエネルギーに変えている。

糖質のエネルギーの利用

吸収したデンプンはブドウ糖に分解され、小腸から吸収されて 肝臓へ送られ、一部は血液中で血糖になり、 組織のエネルギー源になったり、筋肉グリコーゲンになる。 肝臓にもグリコーゲンとして蓄えられる。 肝臓の貯蔵量を余分に上回るブドウ糖は、内臓脂肪や皮下脂肪として 蓄えられる。

呼吸とエネルギー発生の関係

ブドウ糖がエネルギーエネルギーに変わるとき、 呼吸によって体内にとりいれた酵素を使う代謝と使わない 代謝がある。

ブドウ糖は酵素の働きでまず、ピルビン酸になる。 その過程で少量のエネルギーが発生。(酸素を使わない) これを解糖といい、酸素不足のときにこのエネルギーを使う。

ピルビン酸は、さらに酵素によってアセチルCoAという物質に変わり、 TCA回路に入る。 この回路でできた物質(クエン酸)が、吸気によって取り入れた酸素と 反応することにより水と大量のエネルギーが発生する。 このエネルギーが生命活動の源になる。